【水指】 共蓋と塗蓋、格が高いのはどっち?

疑問。

焼物水指の共蓋と塗蓋、格が高いのは、どちらでしょう?

一般的にはどちらなんだろう?
流儀により解釈違ったりするのかな?

僕は、共蓋が格上、と捉えていた

共蓋の水指は、はなから水指として造られたもので
一方
蓋がなく、後から塗蓋を仕立てたものは、いわば見立ての道具
という解釈もある

蓋を取って置く際、共蓋は水指正面またはやや客付に(見せるように)置く
一方
塗蓋は勝手付下座に(客に見せないように)置く
と習っている

先日の蕉雨園「初夏の茶会」にて、
「共蓋より塗蓋が格上だから、濃茶席の取り合わせとしては塗蓋がベター」
と裏千家を習うある客が言っていたそうで

どうなんだろう?

要確認だな


(…このBLOGの読者さんがいらしたら、ご存知の方がいらしたら、コメント欄にて、ご教示・ご意見頂けますとありがたいです)
[PR]
by so-kuu | 2009-05-18 12:36 | 茶道具 | Comments(0)
<< 【茶人とは?】 茶席の最中、亭... 初かつを 美濃忠 >>