小手毬が咲いている ~ 春至百花為誰開

 
 
春分、清明、穀雨と節気の移りゆく間に

花々が咲いた


庭先のこでまりも

日に日に花を咲かせている


先日の茶席でも

小間に小手毬が入れられていた


なぜだろう

小手毬は僕の好きな花のひとつだ


白い花が好きなのかな


でも白木蓮は好みではない


いや


僕の好みなど言うまい


春至百花為誰開


自然は

ただただ

自然だ
[PR]
by so-kuu | 2009-04-22 11:42 | 自然ということ | Comments(0)
<< 釣釜・透木釜はいつ使う? 【大先生語録】 いろいろな茶がある… >>