【マイ歳時記】 啓蟄2009 ~ 春の気 鳥の音 桜の蕾

春だ


いやあ

春だなあ


空気が冷たくなくて

まるでそこにないかのようで

いや

冷たくも温かくもない空気が

しっとりと僕を包んで満ちているのがわかる


道端の木にシジュウカラが止まって

啼き交わす声が聞こえる


見上げる桜の枝の

つぼみは黄緑色をしているんだなあ



啓蟄


こもりむしとをひらき


お山のクマさんも、そろそろ、お目覚め?



ああ


ふきのとうが食べたい
[PR]
by so-kuu | 2009-03-16 12:48 | 自然ということ | Comments(0)
<< 喜左衛門井戸で茶を飲む  (井... 【稽古ノート】 仕舞いのときは... >>