【大先生語録】 即中斎宗匠の濃茶

***


お濃茶というのはねぇ

練るんですよ

ただ混ぜればいい、というんじゃないの

手先でなくって

“体全体で”練るんですよ


表千家のご先代、即中斎宗匠のお濃茶は、美味しかった

あたくし、表千家さんの初釜には何十年と通いましたけれども

本当に、体全部で、こうやって(注:身振り手振りを実演)、全身全霊で濃茶を練られるの

ああ、濃茶というものはこんな風にして練るものか

一服の茶をお客様に差し上げよう、というのは、このようなものか

と感じ入って、

ええ、そりゃあ大変に勉強になったものよ



***


(大先生語録)
[PR]
by so-kuu | 2009-03-11 23:59 | 茶人 | Comments(0)
<< 細川 (井戸茶碗拝見記) 【稽古ノート】 茶をはいて、均... >>